FC2ブログ

代表からご挨拶

ウタマロ代表(The Gag Council)

Author:ウタマロ代表(The Gag Council)
決して日の目を見てはいけない会社『ウタマロ企画』

ここではウタマロ代表(The Gag Council)の勝手な文章を題材に皆様とおかしな会議?を開いていきたいと思います。

写真は「ウタマロ企画会議室」5代目イメージガールの木口亜矢

【ウタマロ企画提携企業】
◆ DMM(株式会社デジタルメディアマート)様
◆ 財団法人JOA(ジャパン・オナニー・アソシエーション)様

第一回おっぱいダービー優勝嬢

第一回おっぱいダービー優勝綾瀬はるか.jpg

綾瀬はるかの「ワールドカップおっぱい」 「JOA重賞レース」へGO!

第二回おっぱいダービー優勝嬢

花木衣世20080601-2.jpg

花木衣世の「その手をとってよおっぱい」 「JOA重賞レース」へGO!

木村沙織特別会議

画像をクリック!サオリストは全員会議に参加すること。

木村沙織特別会議バナー
「木村沙織特別会議」へGO!

範田紗々特別会議

画像をクリック!誰になんと言われようが、この幸薄顔が大好きだという方は会議に参加すること。

範田紗々バナー20061106
「範田紗々特別会議」へGO!

〔画像提供〕 快楽亭日乗

テレ東ラヴァーズプロジェクト

孤高の局(?)『テレビ東京』を愛し応援するプロジェクトです!

テレ東ラヴァーズプロジェクトバナー161×186
「テレ東ラヴァーズプロジェクト」へGO!

頑張れ東レアローズ!

V・プレミアリーグ女子開幕! 東レアローズ ロゴマーク

ウタマロ企画会議室は木村沙織選手の所属する東レアローズをめちゃめちゃ応援しています!

2月のウタマロガール

Utamaro's special feature

DMMもっこり横丁!

DMM.com DVD&CDレンタル等の総合サイト DMM.com CD&DVDレンタル DMM.com 動画ダウンロード販売 DMMアダルト アダルトビデオ動画などの販売 DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル DMMライブチャット (アダルト&ノンアダルト) DMMアダルト オンラインDVDレンタル

ウタマロ天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ウタマロ占いの館(ドロン君)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女王の密室、夢の最果て」 第二章 密室での淫口

エレベーターを降りると、お決まりの「トイレは大丈夫?」
> と尋ねられる。「大丈夫だよ」と答えると、「こちらでーす」
> とHは言った。これがHの持ち部屋か・・・。
>
> 部屋のドアを開けると、もうそこは金津園の女王と俺だけ
> の密室だ。ただ、残念だったのは以前使っていた持ち部
> 屋ではないことだ。
>
> あの部屋は現在、以前指名したことがあるCが使ってい
> るが、H復帰後もまだCのものらしい。怪しげな海外の
> 物と思われる仮面が数十点飾ってあり、部屋もかなり
> 広い。この店のトップに与えられる部屋だと聞いたこと
> がある。Hの部屋として金津園では有名だった。
>
> まあ、何にせよ。この女をを抱けるなら部屋のことなど
> どうでもいい。ソファに座ると、Hは三つ指をついて挨拶
> をする。挨拶の仕方もかなり丁寧だった。
>
> 「ねぇ、どうして、そんなにすごい笑顔なの?」とH
>
> 「え?そんなに笑顔? だって金津園一のHちゃんと
> 会えるなんてそりゃー笑顔になるよww」
>
> 「えーん、うれしぃ。じゃあ、Hはこれから頑張って出勤
> しちゃおうかなぁ」
>
> しばらく会話もあったが、割愛する。それにしても、何だ
> この愛想の良さは、復帰前も復帰後も会話が弾まない
> という評判が多いが、むちゃくちゃ会話も合わせてくれる。
> 間違って、高級キャバクラブに来たのかと錯覚するくらい
> だ。
>
> ただ、その錯覚はHからの濃厚なキスで覚めた。
> そう、ここはソープランドだ、俺はしゃべりにきたのではな
> い、しゃぶられにきたのだよ。
>
> しばらく舌を絡ませているが、ものすごく気持ちいい。
> 今まで体験したことがないくらいの心地よさだ。こちらが舌
> を離そうとしても、絡み付いて離れない。
>
> しばらくすると、その舌が俺の耳の中に入ってくる、そして
> 首筋に、いつのまにか俺は生まれたままの格好になってい
> た。Hは、徐に膝まづくと俺の愚息に舌を這わせる。
>
> 初めはゆっくり、ねっとりとそして徐々にスピードが加速
> していく。時には、口を離して、手コキに変わり、濃厚な
> キスをする。そんな極上な淫口を味わっていると、俺は
> 絶頂を迎えそうになる。やばい、このままでは。
>
> それを見透かしたように、Hは口を離し、「ねえ、今度は
> あたしも気持ちよくしてよ」と微笑む。白と黒が混ざった
> ゼブラらがのスーツを脱がすと、パープルの下着が
> 顕わになった。
>
> 俺はHのスタイルの良さに驚いた。胸の大きさ、腰の
> くびれ、きれいな尻、何もかもがもう完璧だ。
> 下着の上から胸を揉むと、ものすごい弾力だった。
> 俺はこれほどの弾力を知らない。
>
> 「Hちゃんおっぱい大きいね何カップ?」
>
> 「うーんとねー、少し小さくなって今はEカップだよ」
>
> 下着を脱がすとピンク色の乳首が顕わになる、俺は
> 我慢が出来ず、無我夢中で舌を這わせる。
> 「いやーん、すごい気持ちいい、もっともっと舐めて」
>  乳首が段々と立ってくる、それに合わせてHの声も
> 悲鳴に近いものになってきた。
>
> 俺の愛撫に合わせて、Hは色々な表情、言葉で
> 返してくれる。演技が過剰だなんて声もあるらしいが
> ここはソープランド、非現実的空間を味わう場所だ。
> これくらいがちょうどいい。
>
> しばらくEカップの巨乳を楽しんでいたが、別の場所
> も犯したくなる。またもやHは、「ねえ、今度は下も
> 気持ちよくして」といい、下着を脱がすように催促
> してくる。
>
> 下着を脱がすと、そこにはキレイに整えられた密林
> があった。その密林の中にはピンク色の果実が
> 実っているのが微かに見える。
>
> それが幻想かどうか、確かめたくなった俺は
> ソファに座ったまま、「ねえ、Hちゃん。顔面騎乗
> してくれないか?」と伝える。
>
> Hは何の躊躇もなく、俺の顔面に跨る。俺は
> 自分の欲望を全てぶつけるかの如く、荒々しく
> 舌を密林に侵入させる。そこは微かに湿って
> いるが、心地よかった。
> 「あっぁーん、すごい気持ちいい、もっと奥まで
> 舐めて、ああーすごい すごいあたし気持ち
> 良くなってる、もっと舐めてー」
>
> Hの要望通り、奥まで舌を這わせると、確かに
> そこには果実が実っていた。俺は、Hの過激な
> 喘ぎ声をBGMにしながら、その果実の甘さを
> あきるまで堪能していた。
>
> そして、もう一つの果実を味わいたいという欲求
> が芽生え始めた。リリー・フランキーが、雑誌の
> 対談でこういっていた「最近ではまんこだけでなく
> アナルまでなめないと気がすまない」
>
> 俺はそれを見てこう思った、「今ごろ何を言ってや
> がる俺なんて、とっくの昔に舐めないと気がすまない
> よ」
>
> 俺は自分の欲求に正直に、アナルに舌を這わせる。
> 今日のアナルはトイレットペーパーが付着していない。
> 一安心した俺は、思いっきり舌を入れていく。
> Hは表情をすこし曇らせながらも、最後はあきらめた
> かの様に舌の動きに合わせて、反応していた。
>
> その反応を充分楽しむと、後のことはHに任せる
> ことにした。Hは再び濃厚なキスをしながら、俺に
> 跨ってくる。愚息に生暖かい感触が伝わってくる
> と共に強烈な締め付けが、「すげー気持ちいいよ
> Hちゃん」 「うん、Hもすごい 気持ちいい ああー
> いいー いいー」 「ねえ、もっと突いて、もっとー」
>
> 絶叫に近いような声をあげ、Hは絡み付いてくる。
> 俺はHの体を持ち上げて、鏡の前に立つ。
> 駅弁をしながら、鏡を見ると、美女が俺に絡みつ
> いている。
>
> HとSEXしているのが夢ではないことを確信した。
>
> 安心した俺は・・・・
> 繋がったまま、ベットに行き続きを楽しむことに
> する。
>
> しかし、この後、今までのHや、この快感はただの
> 序章にすぎないことを知る。なぜ、この女を求めて
> 全国から男が集まるのか?その理由を身をもって
> 体験することになるとは、その時の俺は知らなかっ
> た。
>
> 「今まで、俺が抱いてきたのはソープ嬢ではない
> ただの風俗嬢だ。そして、Hが初めて抱いたソープ
> 嬢だと」
>
> 続く・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://utamarodaihyo99.blog47.fc2.com/tb.php/1266-7f0f5d4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。